知的財産(特許)の調査・分析・コンサルティングの専門企業 株式会社ワイズシステム

 

    特許調査は、日本・米国・欧州等に対応しております。
 
    データ分析・加工について、以下のようなお悩みにも、弊社コンサルタントがお応えします。

       ・ どのような分析を重ねれば、何が見えてくるのか?

       ・ どのようなデータ・項目を用意してデータベースを構築すれば、よりよい解析が可能か?

       ・ あるシナリオ(仮定)に沿った分析結果を導き出すには、どのような分析工程が必要か?
 
↓「未来予測」分析、提案書が新しくなりました↓
特許やビッグデータから未来を予測するための分析
特許情報に加え、WEB上の膨大な情報や、白書、統計情報などと重ね合わせた、経営・営業・開発計画など、すぐに業務・企画・開発活かせる総合的なビッグデータ分析・解析業務も行っております。
ご提案書は、こちら => PDFファイル 1.8MB
たとえば、”特許情報”と”営業日報に書かれた要望や競合情報”とを比較・照合・分析し、製品の改良ポイントの抽出や、新製品の指向性・リリース時期の決定などに役立てておられる企業もあります。
分析ノウハウのご教示、発想法等の研修も行っております。
    特許分析・調査支援・マップ作成ソフトウエアの定番 「ぱっとマイニングJP2014
      ・ JP−NET(日・英)の他、NRI、シェアリサーチ、HiPat のデータを読込み・処理することができます。
      ・ 「数値&単位」での検索・抽出(例:10から100ナノメートルの表記のある公報を抽出)が好評です。
      ・ 64ビット版もご提供! 数万件以上のビッグデータ解析も、社内のデスクトップでサクサクできます!
【審査請求の有無】【拒絶理由】【特許査定】【引用公報の数】【出願人の数】・・・など、多彩な公報情報からの「評価」が可能です。
テキストマイニングのソフトウエアならではの機能として、【タイトル】【請求項】【要約】【解決】【課題】などの項目別に、指定したキーワードが含まれているかどうかでの「評価」も同時に可能となっています。
特許の分析・グラフ化・評価について、
 (1) ソフトウエアを購入するほど頻度がない。
 (2) 使いこなせるスタッフのめどが立たない。
といった場合には、弊社に業務のご依頼をいただくことも可能です。
お気軽にお問合せください。
    各種アンケート分、日報分析、WEBデータ分析も可能な、「ぱっとマイニングST(汎用版)」もございます。