ワイズ特許サービス株式会社 (旧:株式会社ワイズシステム)



 


□ 1. 
高速・高精度・詳細・急な調査,特殊要件等、他社でできない業務も対応
対象 : 日本・米国・欧州・中国・PCT等
種類 : 先行技術調査,審査請求事前調査,無効事由調査,文献・WEB情報調査
成果品 : 調査報告書
       (オプション : 公報PDFデータ,抽出公報によるパテントマップ)
機密保持 : ISO27001準拠体制,暗号化システムの採用,社内サーバを外部と絶縁し、ミラーリング
対象地域 : 全国 : 電話/メール/訪問にてリサーチ・業務遂行可
注意事項 : コンフリクト(同時期・同業種業務)防止の観点から業務をお引き受けできない時期があります。
【費用の目安】
 ・ 日本国内先行技術調査 : 5万円〜
 ・ 米国調査:8万円〜
 ・ 日米,同内容を同時以来 : 10万円〜
   ※ 調査の内容、観点の数などによって、費用は増減いたします。別途消費税をお預かりいたします。
□ 2. 
インターネット情報検索・文献調査
インターネット上の膨大な情報から、厳選したデータを取得、データベース化。
製品・部材の仕様・機能などを精査し、開発・企画に有用な情報として報告書を作成。
文献調査とともに、侵害対策,無効化資料探索に有効。
□ 3.
パテントマップ/技術分野・応用分野・競合比較グラフ・一覧表作成
数千、数万〜数十万件の特許公報データを基に、各種分析・多彩なグラフや一覧表を作成。
業界の状況、競合他社の動向把握や比較、自社の出願分析も有用。
特許公報データに加え、各業界・団体の販売実績,政府の白書,ネット上のクチコミなどのデータ等と照合・分析し、
「知財/実績/ユーザーニーズ」を把握できる成果品にも対応。
【費用の目安】

・ シンプルなマップでは、約5万円程度から
  内容に応じて、お見積もりさせていただきます。海外特許のマップ化にも対応しております。
【マップ作成事例】

・ 分析事例(ぱっとマイニングJPを使用) => パテントマップ作成事例のページ
・ 分析事例(引用公報を使った事例) => 「引用公報を使った事例」PDFファイル